高校生向け個別クラス

時事ニュースや偉人伝、歴史などをテーマにした教材を中心に、英語を学ぶだけでなく、英語をツールとして使って何かを学ぶクラスです。実用レベルでの英語コミュニケーション能力や論理的思考力、表現力の育成はもちろん、日本や世界、広く人間社会についての理解・関心を深めるために必要な知識や教養を身に付けます。

世界水準の英語コミュニケーション能力

 高校生クラスでは、『CNN English Express』(朝日出版社)をリスニング教材として扱っています。CNN(Cable News Network)はアメリカのニュース専門放送局で、このレベルのニュースを聴き取れることは世界で通用する英語リスニング力が身に付いていることを意味します

 私たちの授業では、生徒たちが2つのグループに分かれ、それぞれ別のCNNのニュースをリスニングします。その後、辞書を引いたり生徒動詞で協力し合ったりしながら、教師に頼ることなく自分たちでニュース内容の理解を主体的に進めていきます。最後に生徒たちは、別のニュースを担当した生徒とペアを組み、自分の担当したニュースの内容について英語で説明し合います。

​ この一連の授業を通して、生徒たちは世界水準のリスニング力と、英語で論理的に伝える力を身に付けていきます。また、ニュースを教材とすることで、世界のさまざまな時事問題に対して理解と関心を広げる機会を得ることができます。

英語教室なのに読書の時間!?

 高校生クラスでは読書を推奨し、毎週読書してきた中で疑問に思ったことや興味深かったことwp他の生徒に共有する時間を設けています。英語教室なのに英語に関係ない読書活動を行うことに疑問を持たれることもありますが、これには明確な理由と目的があります。

 読書習慣ほど、人生に好影響を与える習慣はありません。たった千円程度と数時間の投資で、一流の人たちの考え方や偉人のすぐれた生き方に触れることができます。これほど費用対効果の高い投資はありません。多くの大学生を見てきて思うのは、優秀で活力のある大学生はほとんど例外なく読書の習慣が身いついています。また、社会人になってからは、何かを学ぼうと思っても改めて学校に通ったりすることは時間的に難しいため、本を読むというのが主要な学びの手段になりがちです。若い頃から読書の習慣を身につけることで、一生学び続ける力を得ることができます。

 また、読書した内容をシェアすることで、ローコンテクストなコミュニケーションに慣れることができます。高校生の会話のほとんどは、同級生、部活の友だち、先生、家族などを相手にしたものです。お互いの事情をよく知っているために、一からさまざまなことを説明しなくても通じ合う、「ハイコンテクストな会話」つまり文脈と共通理解に支えられて成り立っている会話です。

 しかし、社会に出てからはローコンテクストな会話で理解を得るコミュニケーション能力が求められます。自社製品について何も知らない相手に魅力を理解してもらう。自分たちの課題や事情を明確に伝えて協力を仰ぐ。これらは、もともと共通理解のないところで理解してもらわなければならない、文脈に頼ることができない会話です。

​ 自分だけが読んで知っている本について話すことは、まさにこの「ローコンテクストなコミュニケーション」です。何をどのような順序で話せば、自分の言いたいことが伝わるのかを常に考えなければなりません。この力は、社会に出てから必要不可欠な能力です。

詳細・お問い合わせ

授業はRipple English桜ヶ丘教室(大阪府箕面市新稲7-9-4)にて開講します。また、遠くにお住まいの方で直接お通いになるのが難しい方は、ビデオ会議サービスを利用した遠隔の授業でも対応可能です。

1ヶ月の体験参加を受け付けております​。体験ご希望の方やご相談等がある方は、下記の電話番号または電子メールからご連絡ください。

080-6113-0181

料金・規則等は以下記載の通りです。入会金・年会費などはございません。

※上記は一時間あたりの金額で表示しています。お月謝は、(下記の額)×(授業一回の時間)×(4週)で計算いたします。

例)1対1の授業を週1.5時間受ける場合

3,500×1.5×4=21,000円(税抜)

兄弟割引、親子割引、友達紹介割引などにより一時間あたりの授業料をお安くさせていただけますので、お問い合わせください。

授業の振替は、1対1の方は予定の合う限り可能です。2対1の方は振替対応できません。

以下を教室のお休みといたします。

 GW / 年末年始 / 3月最終週 / 8月初週 / 9月最終週 / 11月初週

上記の日程以外で、自然災害や講師の都合等の理由で臨時にお休みをいただく場合がございます。その際は一回分の授業料を返金いたします。