• Kazunori Wakao

『ホモ・デウス』上下

最終更新: 2018年10月22日

読みごたえ:☆☆☆☆

人類のこれまでについて描いた『サピエンス全史』の続編。AIやビッグデータ、生物工学、遺伝子工学の発展によって訪れる衝撃的な未来予想を描いている。

個人的には、資本主義と社会主義を情報処理システムとしての視点からその違いを論じている点が斬新だった。

現代という桎梏に縛られた狭い視野を打ち砕いてくれる書。2018年後期の授業で扱います。


著・ユヴァル・ノア・ハラリ/河原書房新社新社