• Kazunori Wakao

『自分の中に毒を持て』

読みごたえ:☆☆

常識という名の嘘にとらわれず、自分に正直に充実して生きようとする読者の背中を押してくれる、ちょっと危険な本。「常識にとらわれてしまいがちだな」と思う人には劇薬になるかもしれない。副作用で狂っても私は知りません。笑

とにかく岡本太郎がぶっ飛んでる。

著・岡本太郎/青春文庫